読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chikuchikugonzalezの雑記帳

趣味とか日記とかメモとか(∩゚д゚)

Windows7のRuby 1.9.3にRMagickをインストールしてみたわけで

ひっそりとRixmapとかいう似非ビットマップ画像処理ライブラリつくってるわけなんですが、こいつを作ろうと思ったきっかけっていうのは結局PILレベルで楽に使える画像処理ライブラリが見つからなかったから、だったわけです。

が、RMagickが使えるのならばそれでワタシの目的 *1 は達成できるっていうことに気がついてしまいましてね。
おもわずImageMagick + RMagickをインストールしてみたわけです。

基本手順は RMagick を Windows 7 にインストールする方法 - 君の瞳はまるでルビー - Ruby 関連まとめサイト 通りなんですが、うちの環境だと

  1. 環境変数CPATHだとインクルードパスが通らなかったので、C_INCLUDE_PATHとCPP_INCLUDE_PATHを設定する
  2. Q8とかついてる方使う (Q16はどうなんだろうか)

という作業が必要でした。

あ、GraphicsMagickは開発用ヘッダがドコにあるかわからんかったのでスルーしました。

余談

PILみたいにそれだけいれればいいっていうパッケージのはずのrmagick-win32の最新版が見つからなかった件。

いや、MinGWRubyだと上の手順でいいんですがMSVCなRubyだと

rmagick-win32使えや(#゚Д゚)ゴルァ!!

的なこと言われてインストールできなさそうな予感がしてましてね。

余談2

Rixmapはv0.6とかいうブランチ切っちゃったけど、正直リポジトリ分けるべきだった (仕様変更してる)。
ついでに1/2/4bit画像とかは非サポートにしようと画策してます。8/24/32が扱えればいいかなって (*ノω・*)テヘ

いや、WebPとか実装してみたいんですけどね-。それ以前にbmpの読み込みの再実装とかその辺やんないといけないしー

余談3

ImageMagickでAmazon検索したらこんな本が見つかった。

ImageMagick逆引きコマンドリファレンス

ImageMagick逆引きコマンドリファレンス

*1:MUGENでのSFF生成自動化 + SFFv1とSFFv2の相互変換